旬の食材はナゼ美味しくて体にいいの?

ウェルネス 栄養講座より

 

旬の食材が「美味しい」「体にいい」と言われる理由は…?旬の食材の素晴らしさを知れば、きっと「食べなきゃもったいない!」と思うはずです。是非積極的に食卓に取り入れてくださいね!


旬の食材は体にいい!その理由は…

 「最も栄養価が高まる時期に収穫するから」

 

旬とは野菜にとって「最も生育条件がそろった環境で育てられ、最も成熟している時期」。

そんな旬に収穫した野菜は、味はさることながら、栄養分も最も高い状態にあるのです。たとえば、冬が旬のホウレン草の場合、冬季の低温の中でじっくりと太陽光線を浴びて、地道に光合成を行っています。

そうすることで、じわじわと良質な栄養分を蓄えているので

す。ところが、ギラギラと太陽が照りつける夏季では、その

暑さからホウレン草も水分を欲してどんどん水分を吸収し、促成栽培の状態に…。

スピードアップして育ったホウレン草は当然、蓄えられている「栄養分」や「味わい」がことなってきます。実際、旬のホウレン草とそうでない季節外れのホウレン草の栄養価を比較すると、2倍~それ以上の違いがあると言われています。人参やトマトなどの野菜でも同じ結果が出ているそうです。

旬の野菜は季節外れの野菜と比べて、同じ量を食べたとしても栄養価が倍もしくはそれ以上!これは摂らなきゃもったいないですよね。

野菜の栄養はヒトの健康を維持する上で非常に大切であるにも関わらず、ほとんどのヒトが不足しがちな傾向にあります。良質な栄養分を効率的に摂取できる旬の野菜は、老若男女を問わず皆さんにオススメの食材です。


旬の食材は美味しい!その理由は…

 「その時期の体が欲する食材だから」

 

旬は、私たちの体に必要な物を季節毎に与えてくれます。

例えば春。春には、苦みがあって繊維が多い「ふきのとう」や「ウド」などの食材が旬を迎え、私たちはこれらの野菜をとても美味しいと感じます。それは「ふきのとう」や「ウド」などが春を迎えた私たちの体にとって必要なものだからです。「ふきのとう」「ウド」の味わいや栄養分は、冬の間ゆっくり過ごした胃腸の働きをやさしく目覚めさせてくれる役割があります。

また暑い夏には、涼しくてあっさりとした野菜や、酸味のある果物が旬を迎えます。これらの野菜・果物には暑い夏を乗り切るために、体を冷やしてたり、食欲増進したりする効果があります。一方、寒くなる秋から冬にかけては、体を温めてくれる根野菜類が旬を迎えます。つまり、旬の食材はその時期の体が欲する食材なのです。だからこそ、私たちは全身で美味しいと感じるのです。


体にいい・美味しいだけじゃない!

 「旬を食べる=四季を楽しむ」ということ

  

旬の食材の素晴らしさは、栄養価が高くて美味しいということだけではありません。旬の食材は、日本の美しい四季を感じさせてくれます。待ちきれない旬を先取って「走りの食材」、その時まさに美味しい「旬の食材」、過ぎゆく旬を惜しみ「名残の食材」…。季節と共に美味しい旬の食材は交替し、私たちはちょうど飽きることなく1年ぶりにやってきた季節を喜ぶことができるのです。せっかく、四季のある日本という国に生まれてきたのですから、四季を、旬を思う存分楽しみましょう。

近年は栽培技術の向上により、旬の食材がわかりににくくなっています。でも、心にも体にも嬉しくて、味も良くおまけに安価で手に入る旬の食材を食べないのはもったいない!ですよね。ぜひ、旬を意識して、食材選びをしてみて下さい。


「夏」が旬の食材


スイートコーン 

旬:6月下旬~9月上旬

便秘の方や血糖値が気になる方に嬉しい食物繊維が豊富に含まれ、疲労回復、夏バテ解消、集中力・運動能力の維持に役立つ「ビタミンB1」も豊富です。


ナス 

旬:7月~9

強い抗酸化力あり、血圧を安定させてくれる「カリウム」も豊富です。

トマト 

旬:6月下旬~8 

「ビタミンA・C・H・P」が豊富です。ビタミンHやPは血管を丈夫にしたりコラーゲンを作る役割をしています。抗ガン作用が期待される「リコピン」や高血圧予防の「カリウム」、血圧降下作用の「ルチン」など栄養たっぷりです。


キュウリ 

旬:7月~8 

ほとんどが水分ですが、尿の排泄を促したり、体内の老廃物を排出したりする効果のある「イソクエルシトリン」という成分はむくみを摂るのに効果があります。

ただし、キュウリには「ビタミンC」を壊すアスコルビナーゼという酵素が含まれていますので食べるときにはアスコルビナーゼの働きを抑える酢やレモン汁を加えるか、単独で食べることをオススメします。


オクラ 

旬:7月~8 

オクラのヌメリの成分はガラクタンやアラバン、ペクチンといった「食物繊維」です。腸の調子を整える働きやコレステロールや血糖値を調整する働きがあります。


ゴーヤ 

旬:6月~8 

ウリ科の野菜の中では群を抜いて「ビタミンC」が多いことで知られています。

ビタミンCはコラーゲンの生成に欠かせないビタミンで、紫外線でダメージを受けやすい夏の肌には嬉しい限りです。他にも「カロテン」「ビタミンB1]「カリウム」といった夏の体調を応援する栄養素も含まれています。


うなぎ 

旬:7月~8 

悪玉コレステロールを抑制する働きがある「EPA」や「DHA」といった不飽和脂肪酸が多く含まれています。また、「ビタミンA・B1・B2・E」「カリウム」「鉄分」も豊富です。蒲焼き1人前で、1日の必要なビタミンAが3倍も含まれており、免疫力を高めてガンの増殖を抑制するムコ多糖体という注目の成分も含まれています。


イワシ 

旬:5月~8 

中性脂肪、悪玉コレステロールを低下させて動脈硬化を予防する「DHA」「EPA」「カルシウム」「タウリン」「セレン」が豊富に含まれています。妊娠時の健康づくりに良い食品です。

  

さてこの季節、旬の野菜を上手に摂るためには、カレーがオススメです。

テレビCMのようですが、カレーは沢山のスパイスを使っています。中でも欠かせないターメリック(和名:ウコン)は肝臓の働きを助けてくれます。他にもクミン、コリアンダー、シナモン、グローブなど様々なスパイスが入っており、これらは全て胃を元気にする効果があります。冷たい物ばかりを好んで食べてしまい不調だったり、夏バテ気味で食欲の無いときでも、このスパイスに食欲増進効果があるおかげで意外と食べられてしまいます。そして一皿食べればタンパク質、炭水化物、ビタミン類などバッチリ摂ることができます。

 最近では、漁獲量が減り価格が年々上がってきているイワシですが、近年DHAやEPAといった豚肉や牛肉にはほとんど含まれていない、魚介類だけが持つ優れた栄養素が注目されており、旬のこの時期食べていただきたい食材です。刺身やシソ揚げ、フライ、つみれ、梅煮などで召し上がってみてはいかがでしょうか。

受付では毎月一度、保険証の提示をお願いしております。

また、保険証番号・住所・電話番号等が変わった場合にも、随時受付職員までお知らせください。

ホスティング・レンタルサーバー